2017.11.19
上海アニメソングイベント「Animerci」初日ライブレポート


メインステージのトップバッターとして登場した「EIGHT OF TRIANGLE」。

本イベントの皮切りとなる1曲目は彼らの代表曲「THE TRIANGLE」だ。エイトラ初となる生バンドとのコラボは彼らのステージに立体感を増し、第一音から大迫力のサウンドで会場を包み込んでいく。新ボーカル・Neonの声は繊細でいて力強く、Rayの歌う同曲とは違う表情をみせていく。ダンスではお茶目なNeonらしさもしっかりと出しつつ、巧みにステージ上に自分の世界を作り上げた。多くの観客が初めて“エイトラ”を目にする中、確かな実力で圧巻のスタートを切ることに成功した。

 続く2曲目は「Reflect ∞」。同曲はサイキックラバー・IMAJO氏が“エイトラ”に提供した楽曲。そして、イベント出演者リストにはサイキックラバーの名前。となるとKazutoの呼び込みで現れるのは、当然サイキックラバーのギタリスト・IMAJOだ。会場の熱気がグンッと上がり、曲が始まろうとした最中、なんと機材トラブルが発生。ライブならではのハプニングに一瞬緊張が走ったが、Neonが堂々としたMCで見事に場をつないでのけた。しかしそんなハプニングは「Reflect ∞」が始まると疾走感のあるメロディが一瞬でかき消した。Kazutoの華麗なキーボード演奏、そしてIMAJOの卓越したギターテクニックが一体となり、“エイトラ”随一のロックチューンが光り輝いた。

 会場が再び熱気を取り戻すやいなや、3曲目「Listen to my heart」がスタート。キャッチーなナンバーに会場の盛り上がりは最高潮を迎える。二人の煽りに合わせてサイリウムの光がきらびやかに舞い、それに合わせて演奏や歌声も弾け出す。[バーチャルとリアル]、「ステージと客席」、[国境]。さまざまなボーダーを越え、会場の全てが「“エイトラ”の世界」に集うのが確かに見えた瞬間だ。

 続く最後のナンバーは本イベントの公式テーマソング「With you…」。共にボーカルを務めるのはサイキックラバー・YOFFYと谷本貴義だ。アニソン界のエース級とも言える二人の登壇に会場は沸きに沸き、勢いをそのままに爆発音のごとくライブ初披露の新曲が解き放たれる。谷本貴義、YOFFYの貫禄すら覚えるパワフルな歌声が会場を圧倒しながらも、Neonも怯まず、遺憾無くその実力を発揮。Kazutoが作曲し、Rayが詞を乗せた楽曲の上を、ボーカル3人が楽しみ、そして時には戦うようにマイクパスで渡っていく。最後には大人気ゲーム「Vitamin」シリーズで知られるギタリスト・Mark Ishikawa率いる、実力派バンドメンバーと4曲20分のステージをまとめきった。

 イベントのトップバッターとして会場を大いに盛り上げた“エイトラ”は、出演者の中で唯一の2Days出演。Rayの活動休止以降で初のライブという緊張を乗り切った彼らは、明日のステージでどんな表情を見せるのか。

  • NEWS
  • EIGHT OF TRIANGLE
  • PROFILE
  • movie & music